団塊シニアマーケティング

商品を売るために最も大切なこととは一体何でしょうか?

見込み客を集める集客力
商品を売るための顧客リスト
訴求力のある広告やチラシ
販売力のある営業マン
魅力のある商品

少し考えただけでも色々と思い付きますが、実は一番大事なのはターゲットです。どんなに優れた商品でも相手に合った商品でなければ絶対に売れないですし、だましだまし売ったところでお客さんは商品に価値を感じないのでリピート客にはならないからです。

逆に言えば、適切なターゲットさえ選べば売るのが下手でも商品は売れるのです。

エスキモーにかき氷を売ろうとしても買ってくれるわけがありませんが、真夏のビーチでかき氷を売れば飛ぶように売れるのです。ですので、ビジネスで最も大事なのは実は適切なお客選びと言えるでしょう。

この本「団塊シニアマーケティング」はそんなターゲットの中でも「団塊シニア世代」に焦点を当てた一冊です。団塊世代は日本の人口の中でも全体の8%と最も多くの比率を占め年齢別に見ると最大の勢力です。また、個人金融資産の60%はこのシニア層が保有しており、抜群の購買力を誇ります。

その上、既にある程度の財をなして仕事の現場から一線を退き、お金と時間に余裕のあるセカンドライフを送る人も多いです。従って、この世代に上手くフォーカスしてアプローチするだけで、非常に有利にビジネスが展開できます。

ですので、もしあなたが、

単価の高い商品が売りたい
購買力のある客層を相手にしたい
シニア層の考えてることを知りたい

というのなら、

是非、この「団塊シニアマーケティング」をチェックしてください。

団塊シニアマーケティングはこちら